BBQ

【レビュー】SNSで人気の『鉄板マルチグリドル』魅力や特徴を紹介します!キャンプやBBQにも最適♪

シン

インスタグラムなどSNSを見ていると、よく使用している場面が目に付くマルチグリドル!

マルチグリドルで調理される食材は、黒色の鉄板によってより引き出されるものとなるでしょう。

また、そのまま大皿として使用できるので余計な洗い物も減らすことができる優れもの。

そんな『鉄板マルチグリドル』を紹介していきたいと思います。

アイキャッチは株式会社ジェイエイチキューより引用

鉄板マルチグリドルを開封

今回はJHQの『鉄板マルチグリドル』を購入しましたので、開封していきたいと思います。

梱包もおしゃれな感じですね。

マルチグリドル本体とシリコンミトン(赤い持ち手)が付いてきます。

鉄板マルチグリドルの特徴

油がなくても焦げ付きにくい

「イノーブルコーティング」という特殊加工を施しているため、料理が焦げ付きにくくお手入れがとても楽にできます。

また、錆び・傷に強く耐久性にも優れており、シーズニングも必要ありません。

実際に使ってみましたが、焦げ付きがなく使用した後もさっと拭き取れるため、お手入れがとても楽でした。

焼く・炒める・煮る・鍋の万能鉄板

熱伝導に優れているため、弱火でも美味しい料理を作ることができます。

また、直径33cmのマルチグリドルは、本体中心部分が約2cmほどくぼんでおり煮物や鍋料理もできます。

少量の油で揚げ物も可能な万能鉄板です。

やはり黒のマルチグリドルと食材の色合いはとても映えますね!

焼きそばだって可能!

過度の空焚きや高温調理は推奨されていないようです。

直火・IH対応

直径33cmのマルチグリドルは、ガスや直火での調理はもちろん、底部中央に磁性体を施しているため各種IHにも対応しています。

直径19cmのマルチグリドルは、ガス・直火のみでIHには対応していません。

キャンプやBBQに持ち運びできる軽さ

アルミ合金製のため、直径33cmのマルチグリドルは重さ約1kg、直径19cmのマルチグリドルは重さ約330gと気軽に持ち運びができる軽さもポイントです。

鉄板マルチグリドルのスペック

直径33cm仕様

サイズ約 横40×縦33×高さ4mm
重量約1kg
素材アルミニウム合金鋳物
コーティングイノーブルコーティング
付属品シリコンミトン(赤2個)
対応熱源ガス、IH調理機、直火、炭火、ラジエントヒーター、セラミックヒーター、ハロゲンヒーター

直径19cm仕様

サイズ約 横21.5×縦19×高さ4mm
重量約330g
素材アルミニウム合金鋳物
コーティングイノーブルコーティング
付属品シリコンミトン(グレー1個)、収納ケース(1個)
対応熱源ガス、直火、炭火


(JHQ) 鉄板マルチグリドル19cm

最後に

『鉄板マルチグリドル』を購入しての感想はとても良かったです。食材をより引き立たせる見た目とコゲ・錆び・傷に強い構造のため、お手入れの手軽さもおすすめのポイントです!



ABOUT ME
シン
シン
ブロガー
東北を中心にキャンプ場を紹介しています。初心者ノウハウ、キャンプ道具、キャンプ漫画の聖地巡礼なども記事にしていますので、ご参考にして頂けると幸いです。 JAQ公認オートキャンプ指導者インストラクター、JBBQA認定バーベキュー初級インストラクター

にほんブログ村のランキングに参加してます。
この記事がが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

記事URLをコピーしました