キャンプ用品

【レビュー】ノルウェーの薪ストーブ『G-Stove Heat View XL』タフでデザインが良く、オプションが豊富です!

シン

北欧ノルウェーの薪ストーブ専門メーカー「gstove社」で製造されている『G-stove』。G-stoveはキャンプでとても人気があり、オプションも豊富にあります。

人気の理由として、素材がステンレスでできており、鉄製よりも軽くて丈夫です。また、錆びにくいので長持ちし、メンテナンスも鉄製と比べてとても楽になります。

そして1000℃まで耐えられるタフさが魅力となります。

重厚感のあるステンレス製のデザイン

煙突などの部品が本体に収納可能

煙突などの部品が本体に収納できるため、コンパクトに保管することができます。また、煙突などススが付いており、

炎が見える燃焼窓

窓から見える炎はとても癒されます。燃焼の状態や薪を継ぎ足すタイミングを知るためにも窓は合った方が良いですね。

高い燃焼効率

火格子を使用することでより多くの空気を取り入れ、効率的に燃焼させることができます。

火力の調整が可能

ダンパーを開いて空気量を調整して燃焼速度を調整することができます。

1000℃まで耐えられる耐久性

薪をガンガン燃焼させると写真の様に高温になり表面まで赤くなります。薪ストーブは安全に使用したいので耐熱性のあるG-Stoveは安心ですね。

収納は「トランクカーゴ50L」がジャストフィット

私はG-stoveのほか、オプションで「メッシュテントプロテクター」、「スパークアレスター」、「ダンパー付き煙突」、「延長脚」を付け足していますが、「TRUSCO(トラスコ) トランクカーゴ 収納ボックス 50L」にすべて入りました。本体と「メッシュテントプロテクター」を傾けながらゆさゆさ揺らして収まる形になります。

同じトラスコのトランクカーゴ 50L TC-50Sはサイズが少し小さく入らないので注意。こちらを購入して一度失敗しました。

オプション

G-Stove Heat View XL専用 延長脚

延長脚に変更することで床へのダメージをさらに防ぎ薪も置いておくことができます。

G-Stove専用 スパークアレスター

煙突の先端部に装着する事で、火花の飛散を軽減します。火の粉からテントを守るためにもあった方が良いと思います。

G-Stove専用 メッシュテントプロテクター

テントの隙間から煙突を出す場合、必要となるのがメッシュテントプロテクターです。煙突はかなりの熱を持つために直接煙突に触れてしまうと燃えてしまいますので、それを防ぐ目的があります。

DIYする人もいますが、自信のない人は既製品のメッシュテントプロテクターを買っておいた方が安心です。

G-Stove専用 防火マット

G-Stove専用 プレミアムパイプオーブン

G-Stove専用 ウォーターヒーター 3L

G-Stove専用ダンパー付き煙突 ショート

ダンパー付き煙突を使用することで、さらに細かい空気量のコントロールをすることができます。

G-Stoveのスペック

‎銀色
寸法 (長さx幅x高さ)約47.5 x 50 x 290 cm
重量約11.3 kg
材質ステンレス鋼
耐熱温度~1000℃
セット内容本体×1、煙突×5、煙突蓋×1  火格子×1、灰落とし用スクレーパー×1

ABOUT ME
シン
シン
ブロガー
東北を中心にキャンプ場を紹介しています。初心者ノウハウ、キャンプ道具、キャンプ漫画の聖地巡礼なども記事にしていますので、ご参考にして頂けると幸いです。 JAQ公認オートキャンプ指導者インストラクター、JBBQA認定バーベキュー初級インストラクター

にほんブログ村のランキングに参加してます。
この記事がが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

記事URLをコピーしました