キャンプ用品

買ってよかった『ユニフレーム 薪グリルラージ』安定性抜群のすごいやつ!

今回レビューするキャンプギアは『ユニフレーム 薪グリルラージ』です。

『ピコグリル』を使用することが多いのですが、風が強い日や地面が安定しないところでは、使いずらいことが難点でした。

そこで登場するのが、この『薪グリルラージ』!

収納や軽さでは『ピコグリル』に劣るものの、圧倒的な安定感があり、様々な調理器具が載せられる優れもの正直、車で移動するならば、全然問題ないサイズ。

そんな『薪グリルラージ』を紹介していきます!

梱包形態

梱包状態は上の写真の通りです。傷がつかないように青いビニールで保護がされています。

組み立て

組み立てはとてもかんたんです。基本L字フックを穴にはめ込むだけで完成してしまします。

受け皿は折り曲げられるところの前側と後ろ側で長さが違います。

受け皿の短い方を奥へ、長い方を手前にして、L字フックを穴にはめ込みます。

受け皿をはめ込むとこのようになります。

次に受け皿中央にある穴2か所にロストルをセットします。

ゴトクを3段階ある高さのうち、好みの場所を選びます。

写真に写っている高さは2段階目の高さです。

これで、完成です。

本体を広げて、L字フックを穴にはめ込むだけで、完成してしまう手軽さ。

1~2分ほどでできちゃいます。

また、専用の収納ケースがついてくるので、とてもありがたいです。

折りたたんで収納すると小さく収納できるし、薪グリルの汚れも収納してしまえば、他に移ることもなく安心です。

薪グリルラージを使ってみた結果

ゴトクの上に鉄板をのせて食材を焼いていくのもいいですね。

ゴトクがあるので様々な調理器具がのせられるので、とても便利。

ゴトクの上で直接焼くのもOK!

受け皿の下にあるスペースには薪を置いておくのにピッタリ!

薪は水分があると爆ぜるので、乾燥させるにはもってこいの場所です。

また、横幅680mmあるので、ホームセンターやキャンプ場で売っているようなサイズの薪が余裕で入ります!

薪を切る手間が省けてとても楽です。

とくに広葉樹を切るときは固くて苦労しますからね(;^ω^)

薪グリルラージの仕様

では、薪グリルラージのスペックを見ていきましょう。参考までに薪グリルの仕様も載せてあります。

  薪グリル 薪グリルラージ
使用時サイズ 約475×300×350(高さ)mm 約680×400×400(高さ)mm
収納時サイズ 約250×455×65(厚さ)mm 約355×560×80(厚さ)mm
材質 ステンレス鋼 ステンレス鋼
重量 約3.6kg 約4.6kg
分散耐荷重 約10kg 約20kg
付属品 収納ケース 収納ケース
価格 ¥13,500(税込) ¥18,500(税込)

参考)ユニフレームHP

最後に

『薪グリルラージ』は、私の中の買ってよかったキャンプギアに見事ノミネートされています。

安定感のあるこのグリルは、とても使いやすく、これからも重宝することになるでしょう。

にほんブログ村のランキングに参加してます。
この記事がが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村