キャンプ用品

【レビュー】冬キャンプにぴったり ミツウロコ 豆炭アンカ。電源なしで暖かい睡眠を!

冬キャンプで寒くて眠れないということはなかったでしょうか?焚き火や薪ストーブで体を暖めても寝るときには火を消すため、テント内の温度は下がってしまいます。

冬でも保温性の高いシュラフを用意したいところですが、これがなかなかお財布に痛い。ポータブル電源で電気毛布を使いたくても、こちらも高価。

そんな中、活躍するものの一つに『豆炭アンカ』があげられます。それでは、豆炭アンカはどんなものか紹介したいと思います。

豆炭アンカとは

豆炭アンカとは、豆炭を着火させロックウール(岩綿)が詰まったアンカ(保温具)に入れたものです。保温時間は12時間を超えますので(私の経験上)、一晩暖かく過ごすことができます。

豆炭アンカの特徴

とても暖かい

豆炭アンカはとても暖かく、電気毛布の”強”くらいの暖かさはあります。アンカの周囲が暖かくなるというより、アンカそのものが暖かいイメージです。

長時間暖かい

私の経験上の話ですが、12時間以上は暖かさが保たれています。一晩もちますので朝起きても暖かい状態にあります。

低コスト

豆炭1個(約5円)で一晩もちますので、かなりコストが抑えることができます。

豆炭への着火をもっと短時間ですませたい方はこのミツウロコ スーパーマメタンが便利。スーパーマメタンは1個当たり60円くらいです。

豆炭アンカの使い方

1. 豆炭の確認

時間の経った豆炭は湿気を帯びている可能性があり、豆炭アンカ内で立ち消えの原因になることがあります。

2. 豆炭に着火

豆炭の片面が赤くなるまで着火します。焚き火をしているときに火をつける楽ですよ。

3. 豆炭をセット

豆炭を豆炭アンカの真ん中に入れます。

蓋をしっかり閉じてロックします。

4. 豆炭アンカを専用の袋に入れる

豆炭アンカを専用の袋に入れます。

最後に

電源を必要とせず、湯たんぽより長持ちする豆炭アンカは、冬キャンプに最適だと思います。

ABOUT ME
シン
サラリーマン キャンパー。年間20泊以上キャンプをしています。お笑い芸人ヒロシさんの影響を受けキャンプを始めました。また、キャンプ漫画ゆるキャン△にもはまり、いろいろと巡礼しています。

にほんブログ村のランキングに参加してます。
この記事がが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村