キャンプ用品

フュアーハンドランタン276 ジンクの分解清掃方法(ガラスのお手入れ)

フュアーハンドランタン276

1902年にドイツで誕生したフェアーハンド社の灯油ランタン。別名ハリケーンランタンと呼ばれ、名前の通り、嵐の中でも消えない防風性と耐久性が特徴です。

見た目は無骨でかっこいいし、灯油ランタンであるため、柔らかい火がとても落ち着きます。

また、2020年12月ランキング CAMP HACK読者が最も購入したキャンプ道具 第2位にランクされるなど、とても人気の高いランタンです。

フュアーハンドランタン276 ガラスのお手入れ

フュアーハンドランタン276の燃料は、灯油またはスターパラフィンオイルから選ぶことができます。

そのなかで、灯油を燃料に選択すると、コストは大きく抑えられるものの、どうしてもススが出てしまいます。

私も灯油を燃料にしているのですが、何回も使用しているとガラスがススで真っ黒になってしまいます。

そこで、どのように分解して、ススを取るのか紹介したいと思います。

1. 上の持ち手を引っ張り、ガラス部を倒す

持ち手を上に引っ張ると本体とガラス部(赤線部分)が外れます。

2. ガラス部分を取り外して磨く

布やティッシュなどでもススを拭き取ることができます。

それでもススが取れない場合は、アルコールでふき取ると簡単に取れますよ。

3. 本体にガラスを戻して完了

1. と逆の手順で戻して完了です。

最後に

フュアーハンドランタン276は、防風性や耐久性が高いだけでなく、構造がシンプルで頑丈なため、分解清掃も簡単にできる素晴らしいランタンです。

さすが1902年から続く会社なだけあって、信頼性も高いですね。

にほんブログ村のランキングに参加してます。
この記事がが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村