キャンプ体験記

休暇村 羽黒山キャンプ場(山形) 2020.06.20

今回は、山形県にある休暇村 羽黒山キャンプ場でキャンプをすることにしました。

料金も安いし、環境も良さそうなので、どんなキャンプ場なのか楽しみです。

山形県 休暇村 羽黒山キャンプ場紹介

住所

〒997-0211 鶴岡市羽黒町手向字羽黒山8番地

tel 0235-62-4270

開設期間

4月下旬~10月下旬

料金

サイト環境区画数管理費サイト
使用料
フリーテント
サイト
芝生20¥420¥1,050
オート
サイト
芝生15¥520¥2,100
ロッジ型
テント
林間20¥420¥4,720

管理費は大人・小学生・幼児 同額

日帰り料金(管理費):¥320

チェックインとチェックアウト

チェックイン:13:00~21:00

チェックアウト:11:00

マップ

休暇村 省内羽黒 HPから引用

受付

こちらホテルのフロントで受付します。

ここで、料金の支払いと説明や注意点について、お話をしていただきました。

丁寧でとても分かりやすかったです。

駐車場

駐車場近くのサービスセンターにでは、リヤカーの貸し出しをしているので、サイトまで遠く、荷物が多い場合は重宝します。

フリーサイト

傾斜もほとんどなく、安定してテントを立てることができます。

オートサイトのように、場内に車は乗り入れることはできませんが、リヤカーが使えるので、荷物の移動は苦ではないですね。

オートサイト

オートサイトは、車がテントの横に止められるので、荷物をすぐに出せるので便利です。

また、テントを張る部分が指定されているので、サイト選びに迷うことがなく、隣に気を遣わずに堂々と張れますね。

休暇村オリジナル ロッジ型テント

高床の土台にテントがすでに張ってあるので、手間がなくキャンプができます。

炊事場

ここの炊事場ですが、とても広く隣との間隔が広いので余裕をもって洗い物ができます。

そして、なんと、、、コンセントまでついているサービスの良さよ。

炊飯器とか使うのかな?

スマホなどの電源が切れたときにも、役立ちますね。

トイレ・コインランドリー・シャワー

上写真がサービスセンターで、トイレやコインランドリー。シャワーが備え付けられています。

また、トイレはサービスセンター以外にも2か所あり、とてもきれいに管理しているため、とてもよかったです。

ゴミ捨て場

サービスセンターの横にはゴミ捨て場があります。

ゴミ捨て場があると、荷物が減って、とても助かります。

山形県 休暇村 羽黒山キャンプ場に到着

14時ころ到着。

受付が終わり、設営場所を見回ります。

とても広々としていて、気持ちのいいキャンプ場ですね。

設営

傾斜がなくて、トイレや炊事場が近いほうがいいよなーと考えながら探していると、ちょうど希望通りのところが空いていました。

ここだー!

さっそくテントを設営します。

設営完了!

このバンドック ソロベースですが、今回で2回目の設営です。

うん、慣れたもんだ!

最近、パップテントと言われるこの型のテントは人気がありますね。

自然にマッチしますし、入り口の開閉する場所を上にあげると、タープのようにして使うことができます。

テントとタープを立てるなら、こっちのほうが楽だしね。

芸人ヒロシに影響され、軍物が好きになっていることもあります。

散策

さて、せっかくのキャンプだし、いろいろ散策しますか。

遠くから全体を見た風景です。

自然豊かでいいですね。

スキー場のゲレンデの部分ですね。

ここでは、キャッチボールや追いかけっこなど、いろいろ遊びまわるには十分な広場も用意されています。

水場もあり、暑い夏場にも涼しさを感じられるいい場所ですね。

子供が水遊びする姿も見られます。

木が生い茂る道を散策していると気持いです。

日中は暑かったのですが、ここは涼しいですね。

この鳥居の先ですが、ものすごい傾斜の階段が続きます。

途中、ゼー、ハー、ゼー、ハーと呼吸があがり、ものすごい汗をかきました。

運動不足がここにきて響いてるなー。

帰りには、ホテルの売店で「つや姫 ホワイトサイダー」を買ってきました。

山形の特産品つや姫を使ったサイダーとは、めずらしい!

味の方もとてもおいしく満足でしたよ。

夕食

さぁー、調理に入りますかね。

その前にまずは一杯!

かぁ~~~~っ!

キンキンに冷えてやがる!

あ、ありがてぇっ・・・

そして、厚切りステーキをピコグリルで焼いていきます。

失敗はできない。。。

ジャーン!

この絶妙な焼き加減!

完璧だ、完璧すぎる。。。

メスティンで炊いたご飯と野菜を付け合わせて、出来上がり!

お肉が柔らかく、ジューシーでめっちゃ旨いです!

料理のスキルが上がってきたかな?

温泉

夕食も終わり、温泉に向かいます。

休暇村羽黒温泉 羽月の湯

場所

休暇村庄内羽黒 2F

効能

メタけい酸を含くんだ、pH値8.4以上で、美肌効果が期待される

利用時間

キャンプ場利用の方
18:00~20:00

料金

大人  600円
小人  300円

就寝の準備

温泉は、「休暇村羽黒温泉 羽月の湯(はつきのゆ)」といい、ホテルの2Fにあることから、キャンプ場からも近く、とても便利です。

温泉につかることで、疲れも取れてきたような感じで、顔や体もさっぱりして気持ちよかったです。

夜もふけってきたので、そろそろ就寝です。

オイルランタンがとても幻想的です。

バンドック ソロベースの蚊帳の中から撮影した風景です。

テントの入り口を閉じた状態でも前室が広いため、使っていたギアなどを前室に入れて寝れるのがいいですよね。

夜、テントの外に出しっぱなしにするのは、ちょっと不安という気持ちもあるので、とても安心できます。

朝食

朝食は、砂肝とエビ、マッシュルームのアヒージョです。

フランスパンにアヒージョのオリーブオイルをつけて、具材をのせて食べる。

これがおいしんですよ!

エビも大きいサイズでプリプリ、砂肝もコリコリした触感が最高です!

撤収

10時ころ撤収完了です。

慣れてきたのか、荷物もどんどん減っていき、撤収も楽になってきました。

周辺情報

周辺には、国宝 「羽黒山五重塔」、三神合祭殿、羽黒山宿坊街、正善院 黄金堂、湯殿山、松ヶ岡開墾場、玉川寺などがあります。

今度来るときは、この辺の観光も視野に入れて楽しみたいと思います。

ではでは



にほんブログ村のランキングに参加してます。
この記事がが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村