初心者向けノウハウ

意外と知らない電源サイト!A(アンペア)、W(ワット)の使用上限を超えると大変なことに

キャンプ場には、電源が使用できる電源サイトがあるところがあります。

特に冬の季節には、暖房機器を導入して、ぬくぬくと暖かいテントで過ごしたいところです。

しかし、そんな電源サイトには注意しないと自分だけでなく、周りの方たちにも迷惑をかけてしまうことが。。。

そんな注意点を解説していきたいと思います。

電源サイトとは?

電源サイトとは、区画内にコンセントがあり、電化製品が使えるサイトのことです。

夏なら扇風機、冬であれば電気カーペットや電気毛布などが使用できるため、快適に過ごすことができるでしょう。

そのほかには、スマホの充電や照明、プロジェクターなんかも使えてしまいますので、さまざまな楽しみ方もできます。

電源サイトは、通常サイトと比べ、1泊1,000くらい上乗せになるところが多いようです。

電源サイトの注意点

電源が使えるからと言って、何でもかんでも電化製品を使うことはできません!

やったー、これで冬はコタツに電気カーペット、電気毛布に炊飯器も使っちゃおう!電気ポットでお湯も沸かせるよ!

こんなことをやってしまうと、あっという間にブレーカーが落ちます

では、何がだめなんでしょうか?ここで注意点を確認。

電源サイトの注意点
  1. 使用容量A (アンペア)数を超えて使用してはいけない
  2. 使用最大消費電力W (ワット)数を超えて使用してはいけない

それでは、それぞれ解説していきたいと思います。

使用容量A(アンペア)数を超えて使用してはいけない

電源サイトは、それぞれ電気の容量が決められており、その容量を超えて使用すると、ブレーカーが落ちてしまいます。

10Aで設定しているサイトが多いです。電源を使用する際は、必ず容量を確認しておきましょう。

下の計算式で電流 (A)が求められます。

電流(A) = 電力(W)÷ 電圧(V)

家電製品の消費電力500Wの時、日本の電圧は100Vなので、500W÷100V=5A

また、ブレーカーが落ちると、自分だけでなく、管理人さんや周りキャンパーさんにも迷惑をかけてしまいます

ブレーカーが落ちるとどうなる?
  • ブレーカーを戻すまで、電気が使えない
  • 管理人さんに対応してもらうため迷惑がかかる
  • ブレーカーを共有している場合、周りの電気も止まってしまう

使用最大消費電力W(ワット)数を超えて使用してはいけない

こちらも使用容量A (アンペア)数と同じように使用最大消費電力W (ワット)数が存在します。計算は上記の式で計算すると10Aなら1000Wです。

1,000Wで設定しているサイトが多いです。電源を使用する際は、必ず容量を確認しておきましょう。

使用最大消費電力を超えてしまうとどうなる?
  • 電源タップが異常加熱する
  • 異常加熱した電源タップに触れているものが溶ける、場合によっては引火する可能性がある

主な家電製品のW(ワット)数は?

主な家電製品ほW(ワット)数は以下の通りです。

中には1つでオーバーしてしまう家電製品や複数の組み合わせでオーバーしてしまうものがあります。

家電製品W (ワット)
電気ストーブ400W~1,200W
ファンヒーター10W~450W
コタツ600W~800W
電気カーペット500W~800W
電気毛布50W~90W
扇風機50W~60W
電気スタンド(LED)4W~10W
ドライヤー600W~1,200W
炊飯器350W~1,200W
電気ポット700W~1,000W
 ノートパソコン50W~100W
※W(ワット)数は参考値です

私は、上リンクの電気毛布を買ったのですが、安いし、洗えるのに壊れず、もう2年使用しています。

延長ケーブルの注意点は?

一般的な電源サイトは、電源プラグがあるだけで、延長コードは自分で用意する必要があります(レンタルしてるところもあります)。

購入のポイント
  • 防雨タイプを選ぶ
  • 長さは10m以上を選ぶ
  • 15A以上が望ましい

防雨タイプを選ぶ

延長コードは防雨タイプを選びましょう。キャンプ中に雨が降ってきたり、夜露で濡れたりしてショートする可能性があるからです。

長さは10m以上を選ぶ

私も10mタイプを持っているのですが、ちょうどいい長さでした。5mでは、足らないサイトも出てくると思います。余裕をもって選んでおいたほうが良いでしょう。

15A以上が望ましい

延長コードにも容量があります。15A (1500W)のサイトを使用するとき10Aでは足りなく、使用できなくなってしまいます。少し容量に余裕がある15Aを買っておくといいでしょう。

番外編 ポータブル電源

これは、おまけですが、電源サイトを使用しなくてもポータブル電源で済ませてしまう手もあります。

初期費用はかかってしまいますが、繰り返し使用することを考えると、こちらのほうがお得かも!

また、電源サイトがないキャンプ場も多々あります。私は1泊であればポータブル電源を使用しています。

にほんブログ村のランキングに参加してます。
この記事がが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村