初心者向けノウハウ

冬キャンプで底冷えしないマット選び、「R値」をみていますか?

キャンプ中に、底冷えで眠れないといったことは、なかったでしょうか?

特に冬は地面からの冷気が強く、体温が急激に奪われます。それにより体調不良や風邪などにかかってしまっては、折角のキャンプも楽しめなくなってしまいます。

そこで防寒の一つとして、シュラフの下に敷くマットに注目したいと思います。マットにはR値という値が存在し、断熱性の指標になりますので、これについて解説していきたいと思います。

冬キャンプの寒さ対策!絶対にもっていきたい防寒必需品10選私が体験した冬キャンプの悲劇 冬キャンプで想像以上に寒く、眠れなかった、何もできなかったなど、準備がたりず、キャンプを楽しみ切れなかったことはないでしょうか? ちなみに私の失敗は下記のとおりです(/ω\) 1回のキャンプで起きた悲劇の連続。。。 私の失敗段 設営中に雨が降ってきて、衣服が濡れる 初めてのワンポールテント...

R値の基礎知識

R値とは?

R値 (R‐Value)とは、熱抵抗の尺度で、R値が高いほど材料または構造の熱抵抗が高くなります。

かんたんに説明すると、R値が高いほうが断熱性に優れているという事です。

R値の目安

季節によるR値の目安は下図を参照すると良いでしょう。

オールシーズンに対応させたい場合はR値4以上が望ましいと読み取れます。極寒ではR値6以上ですね。

thermarestのHPから引用

多くのメーカーがASTMF3340-18規格で測定しており、他のメーカーでも比較しやすくなっています。

この規格を使用していないメーカーもありますので、R値を比較する場合は、この点も考慮に入れましょう。

また、R値は足し算可能です。R値1のマットとR値2のマットを重ねて、R値3相当と考えて大丈夫です。

R値のまとめ
  • R値 (R‐Value)とは、熱抵抗の尺度
  • R値が高いほうが断熱性に優れている
  • オールシーズンに対応させたい場合はR値4以上が望ましい
  • R値は足し算可能

3シーズン、重ねてオールシーズンに対応するR値2以上のマット

【R値2.6】Mozambique(モザンビーク) キャンプ マット

【R値2.6】THERMAREST(サーマレスト) クローズドセルマットレス Zライト ソル

【R値3.1】THERMAREST(サーマレスト) トレイルスカウト

オールシーズンに対応するR値4以上のマット

【R値4.2】サーマレスト (Thermarest) ネオエアー Xライト

【R値4.4】THERMAREST(サーマレスト) トレイルプロ

【R値6.0】THERMAREST(サーマレスト) ラグジュアリーマップ

【R値6.9】THERMAREST(サーマレスト) ネオエアー Xサーモ

最後に

折角のキャンプで底冷えして、体調を崩してしまうなんてことがないように、マットはR値をしっかりと確認して選ぶようにしたいですね。

にほんブログ村のランキングに参加してます。
この記事がが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村