キャンプ用品

DODから”8つのぬくぬく構造”が特徴の寝袋『タラコ・デラックス』が登場!おうちの布団みたいな肌触りと安心感を♪

シン

DODから毛布素材を使った多層構造の寝袋『タラコ・デラックス』が登場しました。使用用途も、通勤、通学、買い物、キャンプと様々な場面で活躍します。

また、羽毛布団のノウハウを持つ”西川株式会社”に製造依頼しているので、安心感があります。

そんな、『タラコ・デラックス』を紹介していきたいと思います。

アイキャッチはDODより引用

タラコ・デラックスの特徴

『タラコ・デラックス』は、“8つのぬくぬく構造”が特徴です。

1. 多層構造でぬくぬく

DODより引用

毛布にTC素材に包まれたダウンという構造。背中側はTC素材に包まれた化学繊維とシルバー保温生地を内蔵しています。多層構造により”ぬくぬく”に過ごせます。

2. TC素材でぬくぬく

DODより引用

寝袋生地にはTC素材。一般的な寝袋にあるシャカシャカ感を減らされているとのこと。布団のような感触で”ぬくぬく”眠れます。

3. 内側毛布でぬくぬく

DODより引用

寝袋の内側には毛布生地が縫い付けてあるので、優しい肌触りと保温性で”ぬくぬく”過ごせます。

4. ハイブリッド構造でぬくぬく

DODより引用

腹側にダウン中綿を採用。潰れや湿気による影響を受けやすい背中側には、化学繊維中綿を使用しています。それぞれの特徴を生かした化学繊維とダウンの”ぬくぬく”構造です。

5. 空気を閉じ込めてぬくぬく

DODより引用

首周りの特大ネックウォーマーとファスナー内側のドラフトチューブで冷気の侵入を防ぎます。内側の暖かい空気を逃さずに”ぬくぬく”。

6. 羽毛布団のノウハウでぬくぬく

DODより引用

羽毛ふとん生産のプロ”西川株式会社”に生産を依頼していることで、長い歴史を持つノウハウが活かされ”ぬくぬく”。

7. 身長に合わせてぬくぬく

DODより引用

足元部分を折り込むことで、身長に合わせて寝袋の長さを調整可能。無駄な空間を減らして”ぬくぬく”過ごせます。

8. 暖かさを反射してぬくぬく

DODより引用

背中側の生地中側に熱を反射するシルバー素材の層が縫い込んであります。DODのホームページにある検証結果によると、アルミシートがない場合と比較して、約2℃ほど地熱からの冷え込みを抑えることが出来るとのことで、”ぬくぬく”過ごせます。

タラコ・デラックスのスペック

DODより引用
カラータンとライトカーキの2種類
サイズ(約)W210×D80cm 
収納サイズ(約)W65×D25×H25cm
重量(付属品含む)(約)2.8kg
収容可能人数大人1名
材質
寝袋表面生地:ポリコットン(ポリエステル85%、綿15%)
寝袋内側生地:ポリエステル100%
中綿上層:700FP ホワイトダックダウン90% フェザー10%  600g
綿下層:ポリエステル100% 660g
推奨身長140cm~185cm
セット内容本体、キャリーバッグ
その他特徴快適使用温度0℃、下限使用温度-6℃、限界温度-24℃

DOD STORE価格(消費税/送料込):29,700円
購入:DOD STORE

最後に

DODから登場した『タラコ・デラックス』は、素材や多層構造による”ぬくぬく”仕様。”西川株式会社”に生産を依頼している点や丸洗いできる点も大きな特徴です。

これだけの”ぬくぬく”構造により収納サイズが大きくなってしまう点もありますね。

ABOUT ME
シン
シン
ブロガー
東北を中心にキャンプ場を紹介しています。初心者ノウハウ、キャンプ道具、キャンプ漫画の聖地巡礼なども記事にしていますので、ご参考にして頂けると幸いです。 JAQ公認オートキャンプ指導者インストラクター、JBBQA認定バーベキュー初級インストラクター

にほんブログ村のランキングに参加してます。
この記事がが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

記事URLをコピーしました